職員の新型コロナウイルス感染症の発生について

職員の新型コロナウイルス感染症の発生について(第2報)

本日までに、新型コロナウイルス感染の陽性が確認された職員に関連する職員、合計106名に対してPCR検査を実施したところ、全員が陰性でした。
また、万全を期すため当該職員に関係する部署の消毒を実施しました。
引き続き感染防止に努めてまいりますので、ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

2021年1月7日
病院長 大平 徹郎

職員の新型コロナウイルス感染症の発生について(第1報)

1月5日(火)、当院職員(医師)1名の新型コロナウイルス感染が判明しました。当該職員は、1月5日(火)に、のどの痛み等の症状が出たためPCR検査を受け、陽性が確認されたものです。
濃厚接触者に該当する院内の患者さん及び職員はおりません。念のため、当該職員の医局室内の医師23名に、昨日中にPCR検査を行い、全員の陰性を確認しています。
また、万全を期すため、新型コロナウイルスに感染した当該職員に関係する部署の消毒を実施しました。
今後の対応につきましては、保健所のご指導を仰ぎながら、さらに万全を期する所存です。 職員一同、引き続き感染防止に努めてまいりますので、ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

2021年1月6日
病院長 大平 徹郎