病院紹介

最前線でベストを尽くす「チーム西新潟」として

oodaira
病院長 大平徹郎

2020年は、全世界が新型ウイルスによる計り知れない影響を受けた一年でした。新潟県でも、連日のように新たな陽性者が確認されています。感染拡大の一日も早い収束は、すべての人々の願いです。

いわゆるコロナ禍で医療機関が求められるのは、感染防止における患者さんと医療者(職員)の安心・安全の確保です。病院本来の医療の実践のために、万全の感染対策が欠かせません。

そのような中、西新潟中央病院は、新型コロナウイルス感染症(COVID -19)の重点医療機関に新潟県から指定され、対象患者さんの入院治療にあたってきました。

当院では、すべての職員が「チーム西新潟」として結束し、「なくてはならない病院」として地域医療を支えるという使命感を共有しています。この一年、とりわけ深くその思いを胸に刻みながら、最前線で奮闘する医師、看護師達の姿がありました。

これからも自らの果たすべき役割をきちんと見すえ、しっかり実行し、新潟に貢献する「チーム西新潟」であり続けたいと願っています。

2020年度は、以下の病院目標を掲げて取り組んできました

『最高の病院を目指そう ! 』

・患者さんとそのご家族にとって ・地域社会や医療者を志す学生にとって

そのために

  1. 思いやりと礼節をもってすべての人に接する。
  2. 診療科や職種間の垣根を越えた「チーム西新潟」で専門医療を
    実行する。
  3. 「なくてはならない病院」として地域医療を支える。

(以上抜粋)