病院紹介

病院長挨拶

呼吸器疾患と神経難病 ― 当院のツインタワー

oodaira

私たち西新潟中央病院は、呼吸器疾患と脳神経疾患(難病)を中心とした専門性の高い診療を行っています。当院でこそ可能な、質の高い安心・安全な医療に努めています。第一に心がけているのは、病める方々も笑顔になれる患者満足度の高い病院です。

地域医療を支え、グローバルな視点も備えた西新潟中央病院

  • 当院は400ベッドを有する「地域医療支援病院」です。
  • 呼吸器疾患は、肺がん、アスベスト関連疾患、肺炎・肺抗酸菌症、間質性肺疾患、閉塞性肺疾患COPD、喘息、睡眠時無呼吸などの方々を診療しています。
  • 特に肺がんでは、「がん診療連携準拠点病院」として、手術や放射線治療、緩和ケアや在宅医療までトータルな対応が特徴です。
  • 脳神経疾患は、てんかん、パーキンソン病をはじめとする神経難病、重度心身障害、さらには子どもの整形外科といった方々を診療しています。
  • 全国で13施設しかない厚労省認定の「てんかん治療拠点病院」です。患者さんは海外からも訪れます。2019年1月にはロシアのお嬢さんがインターネット(読売新聞サイト・ヨミドクター)で紹介されました。
    https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190108-OYTET50039/
  • 新潟エリアの多くの医療機関と協力連携体制にあります。
  • 救急医療では、3つの診療科(内科、小児科、整形外科)が新潟市の救急輪番に参加しています。
  • 訪問看護ステーションは、他の施設では対応が困難な在宅人工呼吸療法の方や、難病で寝たきりの方を支援しています。

看護学科と臨床検査技師科 – おとなりには新潟医療技術専門学校

2017年4月に開学した新潟医療技術専門学校・西新潟中央病院キャンパスで学
ぶのは、看護学科(各学年80名)、臨床検査技師科(同40名)の学生たちです。
新潟県では医師、看護師をはじめ医療職種の不足が深刻です。医療者をめざす若
者が増え、新潟の未来に貢献することが期待されます。

 

2019.4

院長 大平 徹郎 Tetsuro OHDAIRA